<< <不正車検>手抜き整備でいすゞ子会社検査員11人書類送検(毎日新聞) | main | 「日本の医師にハイチの被災地医療の追体験を」―国際援助隊医療チームの畑医師ら(医療介護CBニュース) >>

スポンサーサイト

  • 2010.05.30 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


元ボクサーに「区分審理」、裁判員導入後初か(読売新聞)

 強盗致傷や窃盗など8件の事件で起訴された元プロボクサー、トーレス・マルティネス・健文被告(22)について、大阪地裁は事件を分割して審理することを決めた。

 「区分審理」と呼ばれ、19日からの公判で強盗や窃盗など裁判員裁判対象外の7事件について裁判官が有罪か無罪かを判断し、4月に行われる裁判員裁判で強盗致傷罪と合わせて量刑を決める。

 区分審理は裁判員裁判導入後、初ケースとみられる。トーレス被告は昨年5月、大阪市内でタクシー運転手を殴って1万7000円を奪ったとされる強盗致傷罪のほか、置き引き、コンビニ強盗などの事件でも起訴されている。

<将棋>17歳・里見が初の女流名人獲得 清水に3連勝(毎日新聞)
わざわざ大阪に転居、夫婦が生活保護不正受給(読売新聞)
国家公務員法改正案 次官と局長、部長を同格に(産経新聞)
「発言、信ぴょう性欠ける」=元朝青龍関問題で中間報告−相撲協会(時事通信)
<衆院予算委>「秘書兼職やめては」 経産相「考えさせて」(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.05.30 Sunday
  • -
  • 15:58
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
即日現金化
借金整理
クレジットカード現金化 比較
現金化
情報商材レビュー
携帯ホームページ
モバイル ホームページ
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM